• ホーム
  • 通販で買えるおすすめのカンジダ治療薬|購入時に確認すべき項目と選び方

通販で買えるおすすめのカンジダ治療薬|購入時に確認すべき項目と選び方

心配している男性

膣カンジダは日本の女性の5人に1人が発症経験をもつとされているほど、身近な感染症のひとつです。患部が女性器が中心になるものの、必ずしも性行為を前提にして発症するとはかぎらず、風邪にかかって発熱するなど全身状態が悪化するなど、疲労が蓄積したときなどの免疫機能の低下をきっかけに発症する特性を持っています。つまりいつでも発症する可能性があるので、治療薬を常備しておけばすぐに治療を開始することが可能になり、早期回復も見込めます。このニーズをみたすのが個人輸入代行の通販サイトを利用することです。個人輸入代行の通販サイトを利用すれば、処方箋を入手する手間もなくカンジダ治療薬を、簡単に購入することができます。そこで通販でも購入できるおすすめのカンジダ治療薬を御紹介します。

まず、塗るタイプのカンジダ治療薬でおすすめなのが、カーネステンクリームです。日本国名ではエンペシドクリームの名前で知られていますが、1970年に開発販売されていこう現在においても効果的な治療薬との定評に変わりはありません。カーネステンクリームには有効成分にイミダゾール系の抗真菌薬を配合しており、コンジダ症に対する有効率は90%以上との臨床試験でのデータが出ています。

塗るタイプの治療薬では、外陰部や膣の一部にしか塗布することができないので、完治させるには十分な治療効果を期待できない場合があります。そこで効果的な治療を可能にするのが、カーネステン膣錠もおすすめです。カーネステンクリームと同様の有効成分を配合していますが、膣内に錠材を留置することで、膣全体に感染したカンジダに効果的にアプローチ。エンペジドクリームと併用することで、より高い治療効果を期待でき、完治にいたる時間も短縮することが可能です。

膣カンジダの治療薬には飲むタイプの薬も販売されています。それがフォルカン、日本国内で初めて開発販売された膣カンジダ治療薬のジフルカンの後発医薬品、つまりジェネリック医薬品になります。ジフルカンのジェネリック医薬品のフォルカンには、有効成分フルコナゾールを配合しており、臨床試験では80%以上の有効率が確認されているほどです。フォルカンは150mgサイズの錠材ですが、一回の服用だけで治療が完遂する手軽さが大きなメリットといえます。膣カンジダは再発しやすいのも特徴、再発に備えて自分にあったタイプの治療薬を準備しておくことをおすすめします。