東宝の株主優待は映画好きにお勧め

株式購入に優待制度や配当金を重視した取引を行う方は多く、株価変動の利ザヤから利益を抜くだけではなく、気に行った優待サービスがある企業の株を買い集めて恩恵を受ける事は有効な投資方法でもあります。
東宝の株を保有すると映画好きにはお勧めのサービスを受ける事が可能であり、配当金利率は低い傾向にありますが、保有数に応じた特典としては映画優待割引券等があり、100株以上の保有で半年に2枚、500株以上で半年に8枚の券をプレゼントしてもらえますし、これは本券1枚につき1名1回800円での鑑賞が可能になりますから、映画が好きな方にとっては有利なサービスになります。
他にも保有数に応じて演劇招待券があったり、株主映画招待券もあり、映画や演劇が趣味という方は東宝の株を保有する事で有効活用出来るサービスを受ける事が可能です。
もちろん利ザヤで大きな利益を得られる時は一旦利益確定させて、再び安くなった場合に購入する事も有効ですし、様々な投資方法を活用する事が可能になっています。
権利確定月は2月と8月に設定されており、定期的に映画や演劇を楽しむ方は保有しておくのも良いですし、自身のライフスタイルに合ったサービスを展開している銘柄を購入する事は生活を豊かにしてくれるものにもなり、適正値での購入を行う事が望ましいです。
適正値ではなく割高で掴んでしまうと優待制度や配当金から得られる利点以上に、相場の下落で含み損を抱えてしまう事もありますから、こうした優待等の恩恵を狙って投資を行う時の注意点は、どこでポジションを取るかの判断が必要になり、その価値判断次第では優待や配当の恩恵だけではなく、銘柄の利ザヤ利益も得る事が出来ます。

おすすめ記事